季節を感じながら

IMG_7074.jpg
EOS M3+Jena Tessar 7.5㎝ f4.5

あちこちで目にする彼岸花
すっかり秋めいてきた今日この頃

何時もご訪問くださり有難うございます☆


スポンサーサイト

帰路途中に立ち寄る産業歴史遺産


大島から愛媛県今治市、松山道を新居浜市と車を走らせます。

R0024119.jpg

目的地は新居浜市の産業基盤となった「別子銅山
別子銅山は、1690年(元禄3年)に発見され、翌1691年に開坑しました。
以来、1973年(昭和48年)に閉山するまで、
江戸・明治・大正・昭和の4時代283年にわたり、銅を産出し続けました。

先ずは、住友が管理する記念館へ
泉屋から住友財閥に至るまでの歴史をより深く知る事が出来ました。

記念館のある横を流れる国領川を上り道の駅「マイントピア別子」へ

003A3938.jpg

道の駅2階から坑道まで鉱山鉄道で

003A3940.jpg

003A3943.jpg

駅から少し歩けば坑道です。

003A3946.jpg

流石にヒンヤリ
しばらく歩くと江戸時代の様子を再現した人形が並びます。

003A3947.jpg


003A3948.jpg

003A3949.jpg

自宅に戻る事を考えると、ゆっくりする事も出来ず、撮影もそこそこに(^_^;)
次の目的地を目指し車を走らせます。
天空の歴史遺産、かつてここには海抜千メートル以上の山岳地帯に一万人以上の
人々が暮らした鉱山都市がありました。

003A3952.jpg

003A3954.jpg

新居浜市と瀬戸内海の島々が見え絶景なり
東洋の「マチュピチュ」と言われ観光地としての知名度も上昇中
短時間の訪問で残念でしたが機会があればもう一度行ってみたいです。

松山道から高松道、そして鳴門自動車道を走り今回の1泊お出掛けは終了となりました。
夕刻の明石大橋です。
後、1時間ちょっとで自宅に到着予定

003A3956.jpg

結構走りましたが昨年の日帰り「長野の善光寺」さんに比べたら、
疲労度も少なく快適な旅となりました。

何時もご訪問くださり有難うございます☆




瀬戸内海・海の幸

久し振りの1泊旅行、日々の生活を労って
贅沢させて頂きました。

003A3894.jpg


003A3897.jpg

まずは、ビールで

003A3902.jpg

先付
子持ちのたこ

003A3903.jpg


003A3904.jpg


003A3911.jpg

メバルの煮つけ


003A3914.jpg

アワビと焼き野菜
塩コショウだけでいただきます。


003A3916.jpg

次々に出てくる海の幸
何時ものペースで日本酒を飲むと、せっかくの料理が食べられなくなり
飲むペースを遅らせ一品一品、賞味しながら・・・・。


003A3919_20170920175108621.jpg

これは今年生まれた新子のアオリイカ
桶で泳いでいたのを、刺身と煮付けで


003A3921.jpg


003A3925.jpg

最後の一品は、蛸の唐揚げ
この後、鯛めし、伊勢海老の味噌汁にデザート
とうとう食べきれず、鯛めしは、おにぎりにしてもらい翌日のお昼にいただきました。

次回の連休は来年の2月以降です。
普段、遠方に出掛けられない分、開放感と楽しい一時を過ごせて頂いた事に感謝し、
来年も楽しみに励も!

次回は大島から愛媛県新居浜市へと走ります。

何時もご訪問有難うございます☆


相変わらずのお天気



いよいよ、この日の宿泊予定地の大島に到着
何時もシーズンを外れたお出かけなので、まったく予約無しの飛び込みで宿を決めます。
何か所見て回り、目の前が海、そして前方に今治市が見える宿に決定
チェックインには、まだ早く、時間つぶしに東京タワーより少し低い307.8mの「亀老山」展望台へ

003A3859.jpg


003A3864.jpg


003A3875.jpg


生憎のお天気、前方に広がる町は今治市
素晴らしい景色を見終えた後は、道の駅に行きます。


003A3857.jpg


003A3858.jpg


この周辺も大勢のサイクリストで賑やか


003A3893.jpg

午後3時を過ぎたのでチェックインを済ませ宿の離れにある、お風呂に


003A3892.jpg


003A3890.jpg


003A3886.jpg


003A3888.jpg

泉質も良く
露天風呂からの眺も最高!何より貸し切りで疲れを癒す事が出来、言う事なし
そして露連風呂のデッキで景色を眺めていると
雷と共に激しく雨が降り出し、風呂上がりにアメダスで確認すると宿の周辺は真っ赤か

いよいよ楽しみにしていた夕食編と続きます。

何時もご訪問有難うございます☆




塩と造船の島

003A3830.jpg

西瀬戸自動車道「伯方」で降ります。
ETCゲート通過後、初めての信号を左折すると道の駅「伯方」です。
駐車場に車を止めると目の前は伯方ビーチが広がり、左前方に大島大橋が見えます。
そして道の駅をウロウロ、そこで伯方、塩ラーメンの看板を見つけました。
伯方は有名な塩の産地です。
昼過ぎでお腹も空いてます。レッツらゴォ~


003A3834.jpg


003A3836.jpg

しまなみ海道はサイクリングの聖地でもあり、島中でサイクリストと出会います。
店の前にも自転車がズラリ
ちょうどお昼時、店内も込み合って満席状態でしたが運良くテーブルに着くことが出来ました。


003A3831.jpg

注文した「伯方塩ラーメン」シンプルであっさり塩味はとても美味しかった。

お腹も膨れ近隣にある「ふるさと歴史公園」を目指します。その資料館は小高い丘の上にあり
到着すると本日休館日のプレートが・・・・。タブレットで調べると資料館や博物館は
月曜の休館が多い!ショック


003A3839.jpg


003A3840.jpg

ふるさと歴史公園の駐車場からの眺め、眼下には伯方造船所


003A3842.jpg

そして伯方島を後にし大島へと向かいます。
途中に見えるのは「船折瀬戸」近くの島々との海峡は潮流も急で、
特に大島との間の船折瀬戸、大三島との間の鼻栗瀬戸は急潮で知られ、まるで川の様に流れていました。
次回は宿泊予定地である「大島」です。

何時もご訪問有難うございます☆





プロフィール

redmug

Author:redmug
ご訪問頂きまして誠に有難うございます。

Mと気ままにphoto blog 

☆文章下手・言葉少ないですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

☆お気軽にコメント頂ければ嬉しいです。

☆リンクフリーです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ